Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人間関係の名言集47句【6年以上かけオリジナル名言総数1800句以上作成】

「自分の話を聞いて欲しかったら、まず、相手の話を聞かなければならない」

「二割喋って、八割聞きなさい」

「君が『おしゃべり』であるというそのこと自体が、君の信用を打ち砕くのだ」「よく喋る者へ」

「大事なことはどれだけ多くの話をすることが出来るかではなく、 どれだけ中身のある話をすることが出来るかということなのです」

「言行一致してこそ、初めて人から信頼される」

「貴方を傷付けるのも、貴方を癒すのも、貴方を落胆させるのも、 貴方を鼓舞し勇気付けるのも、

言葉、全て人の発する言葉なら、 歴史を動かし創り上げるのもまた言葉、人の言葉なのです」

「引き際(ぎわ)を知らぬ者は、去り際を知らぬ者なり」

「与える者はより多くを得るだろう」

「何かを得る際には常にこのように自問せよ。『私はこれを得るのに相応しい人物足り得るのか』と」

「後で謝るくらいなら、最初からするべきではない」

「相手の態度を改めさせたいのなら、まず、自分の態度を改めるべきだ」

「身だしなみを整えることも、相手への礼儀の一つである」

「おもてなしは、もてなす相手をよく知り、よく調べることから始まる」

「その者を知る為には、まずその者が何に興味を示すか見よ」

「貶すことは容易(たやす)い、正しく褒(ほ)めることは難しい」

「人は自身の言動を、批判的精神を持って検証しなければならない。新たな失態を演じる前に」

「汝(なんじ)の周囲の状況が荒れ狂っても、汝まで荒れ狂う必要は無い」

「沈黙は物言わぬ言葉である」

「沈黙は雄弁である。何故なら、沈黙は動機の有無を問われた際には紛れもない肯定の言葉に、

賛意を問われた際には何よりにも勝る強い否定の言葉となるから」

「多弁でないからこそ信頼が生まれ、沈黙を守るからこそ神聖となり、沈黙を破るが故に伝説が生まれ神話となる」

「鋭い言葉の矢が一度(ひとたび)相手に突き刺さると容易には抜けず、長年に亘(わた)って相手を苦しめ、悩ませるものだ」

「道がないと思っていた所に道がある。宿が無いと思っていた所に宿がある。 光が無いと思っていた所に光がある。その喜びはひとしおである。

そのように、絶望の淵(ふち)にいる者へ手を差し伸べる者は一生の恩を与える者である」

「期待は気体」

「期待しないこと、失望しないために」

「期待より希望」

「外見は人を欺く」

「嫉妬は向上心や向学心を生み出す時のみ有用である」

「異様なまでに仲良くするのは、相手を滅ぼすためである」

「道化を装うものに注意せよ」

「他人は自分が思った通りにはならないが、 自分自身は自分が思った通りにすることが出来る」

「感情を制御することは重要であるが、適切に表現することもまた重要である」

「マイナスの言動はマイナスの結果を生み、プラスの言動はプラスの結果を生みだす」

「貴方にとって最も信用出来ない者達は、貴方の人生が最も上手く行っている時にやって来て、

おこぼれに授かろうとする者達である。その者らは授かれないと知った途端、

たちまち貴方の側から消えていなくなるだろう」

「評価というものは、人によって、或(ある)いは時代によって、変わってくるものです。
ですから、もし、貴方の評価が余り良くないとしても、気にする必要は全くありません」

「光が有用であることは言うまでもないが、陰(かげ)も負けず劣らず有用である。

何故ならば、その陰は強い日差しから動物や人間を守り、 その者達の憩いの場となるからだ。

また、夜の闇は日中、陽の光に疲れた者を癒し、安らぎを与える。 眠りに導き、明日への活力をもたらす。

故に、もし貴方が日の当たらない『日陰者』だとしても、 或いは『光り輝く存在』でないとしても、

気に病む必要は全くないと言える」

「他者に偽ると同士に自身に偽る事もまた罪である。」

「嘘は口から出る偽造通貨のような物だ。 どちらも発覚すればただでは済まされない」

「嘘で塗り固められた仮面は、真実を見た時、脆(もろ)くも崩れ去る」

「口が滑れば、足が滑る」 (口を滑らせれば地位や立場を危うくしたり、失ってしまうことがあるという意味。)

「無断で行うことは、札束が詰まった財布から一枚抜き取ることと同じく非難されるべきことであり、許されることではない」

「理論だけでは駄目だ。感情だけでも駄目だ。 人を説得し、動かすためには、その両方が必要となるのだ」

「小人は小事に構(かま)う」

「保身……。利己主義の極み」

「嘲笑でさえも、最大の賛辞として受けよ」

「賞賛でも、批判でも、反応があるうちはまだいい、 本当にどうでもよくなったら見向きもされなくなる」

「本質を見誤り物事の表面しか見れない者は、永遠に利用され続ける側のままだ」

「弾劾(だんがい)される者は断崖絶壁に追い詰められたも同然である」

 

最新情報をチェックしよう!
広告