スポンサーリンク

愛のオリジナル詩・ポエム

 

小川の氷溶け出して

花々が目を覚ます頃

春の陽注ぐ丘の上

春を告げる風の中

私はふと思い出す

若き日のあの歌を

春を告げる風のよに

愛のオリジナル詩・ポエム

 

どれだけの

嗚呼(ああ)、どれだけの時が過ぎ去ってしまったのだろう?

君を初めてみた時から

君と初めて目があった時から

君に恋してから

君に愛を告げ ...

愛のオリジナル詩・ポエム

 

銀河に遍(あまね)く星数多(あまた)

広い世界に目を凝らし遠い街並み見てみれば

一際(ひときわ)輝く星ありて

絶えずその星、光を放ち

いつも私を魅了する

君という ...

スポンサーリンク