Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
CATEGORY

政治問題

総力戦と社会の変化について

by Free Grunge Textures   まず、そもそも総力戦とは如何なるものであるのかということだが、 総力戦とは一言で言い表せば「交戦国全ての人々を巻き込んだ国家国民のありとあらゆる力を結集して行う形の戦争である。」と考える。 そこにプロの軍人・戦闘員とそうではない一般人・非戦闘員との区別はなく、軍事、経済、技術等の能力が動員され、 国民生活は全て戦争遂行の為に組織されて全 […]

残業を減らす15のアイデアとその方法

by Will Foster 初めに まず初めに、残業を減らし持続可能な労働世界を構築できるのか否かについてだが、 その結論としては下記一定の条件を定めた意識改革及び合意形成による政治的決断によって可能であると考える。 これからその可能であるとする理由の論拠をそれぞれ提示していきたいと思う。   解決策 従業員の意識改革を行う 第一としては、現在の従業員の従来的な物の見方や考え方を改め意 […]

人工知能によって雇用は失われない説が無責任な理由

Photo by Organisation for Economic Co-operation and Develop   人工知能によって雇用は失われないとの言説が散見されるが、 本当に失われなかった場合はともかく、本当に失われてしまった場合はどうするのだろうか? 失われるという前提なら、ある程度それに対する対策や心の準備が出来るが、 失われないと信じきって全く何もしていなかった人はど […]

人工知能で雇用減少し経済成長が一時的な理由

Photo by kirainet   井上氏の「人工知能と経済の未来‐2030年雇用大崩壊」が話題になっている。プレジデント社にも記事として 『人工知能と経済の未来――2030年雇用大崩壊』井上智洋著 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online が掲載されている。 まず、記事中にもあるように2030年ないしそれ以降にいずれ汎用AIが登場するとして、 2045年ぐら […]

雇用や税収を増やす為定年後の開業・起業支援すべき理由

・始めに 人は会社等の組織において働いている限り、 いつの日か必ず定年退職の日を迎え、一部の例外を除き組織を去らなければならなくなる。 中には以前の給与体系とは異なる(往々にして下がる場合が多いが。)ものの、 再雇用という形でそのまましばらく会社に残る人もいる。 だが、そのまま古い古参の労働者が再雇用で会社に残り続ければ空きが出ず、 本来その再雇用者が再雇用されずに定年で辞めていれば生じたはずの、 […]

少年法を改正し重犯罪は適用外にすべき8つの理由。

・始めに 時代を問わず少年・少女による犯罪は後を絶たない。過去には酒鬼薔薇聖斗事件(神戸連続児童殺傷事件)、近年の例では下記の川崎市中1男子生徒殺害事件が挙げられる。 2015年(平成27年)2月20日に、神奈川県川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で13歳の中学1年生の少年Aが殺害された上に遺体を遺棄され、事件から1週間後に少年3名が殺人の疑いで逮捕された少年犯罪。川崎市中1男子生徒殺害事件 R […]

愛国心は教育によってではなく自然に生じるものだ。

Some rights reserved by naosuke ii ・初めに 毎日新聞のインターネット記事  改正法の最大の柱は「教育の目標」に盛り込まれた「愛国心条項」だ。「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する態度を養うこと」と明記された。 (記事・戦後70年これまで・これから 第7回 教育はどう変わりつつあるか(その1)) にあるように教育基本法や教育委員会等の改革 […]

政治が私達の生活に与える影響。政治とは身近なものだ。

Photo Some rights reserved by Dick Thomas Johnson 国の制度や仕組みは実に様々な物があり、とりわけ国に関わるものの中でも「政治」と言うと、自分の生活とは関係ない身近ではない物、 私達の生活から遠く離れた物ように感じてしまう人や難しそうであまり関わりたくないと言う人が大半だと思う。 しかし、本来「政治」というものは古くから人々の生活と直結した物であるこ […]

資産課税と消費・相続・贈与税廃止で景気回復する方法

photo by 401(K) 2013 ・現状 消費税率10%への引き上げに合わせて導入が現在検討されている軽減税率だが、 主に通常考えられる品目ごとに消費税率を定める案や対象となる品目を外食サービスを含む「酒類を除くすべての飲料と食料品」を基本とし、 消費者は買い物する際、いったん10%の消費税を支払うが、その後、対象品目については増税 分の2%分について還付を受けられる仕組みといういわゆる財 […]

税収増と少子高齢化を防止する子供税制・減税

photo by Ash Carter ・現状 2014年、安倍首相が返り咲いてから株価は右肩上がりとなり、景気が回復しつつあるというが、まだまだ実感が持てないという意見が大半だと思う。 現に私の身の回りを見渡しても、あまり羽振りのいい人は見かけない。好景気への道のりは長く険しいようだ。 しかし、幸いなことに再び日本でのオリンピック開催が決定された。 皆さんご存じだとは思うが、2020年に東京でオ […]