Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
YEAR

2017年

総力戦と社会の変化について

by Free Grunge Textures   まず、そもそも総力戦とは如何なるものであるのかということだが、 総力戦とは一言で言い表せば「交戦国全ての人々を巻き込んだ国家国民のありとあらゆる力を結集して行う形の戦争である。」と考える。 そこにプロの軍人・戦闘員とそうではない一般人・非戦闘員との区別はなく、軍事、経済、技術等の能力が動員され、 国民生活は全て戦争遂行の為に組織されて全 […]

残業を減らす15のアイデアとその方法

by Will Foster 初めに まず初めに、残業を減らし持続可能な労働世界を構築できるのか否かについてだが、 その結論としては下記一定の条件を定めた意識改革及び合意形成による政治的決断によって可能であると考える。 これからその可能であるとする理由の論拠をそれぞれ提示していきたいと思う。   解決策 従業員の意識改革を行う 第一としては、現在の従業員の従来的な物の見方や考え方を改め意 […]

仕事のオリジナル名言「好きだからだけでは勤まらない、そこに能力が伴わなければ。」

Photo by tokyoform   ただ好きだからという理由で職業に就いて上手く行くなら、 こんなにも多くの挫折を味わった人々は生まれなかったと思う。 やはり、何よりもまず職業的能力が備わっていることが一番だと言える。 好きでなくても上手くできることなら、そのうちにその仕事を好きになることもあるだろう。 一番良いのは好きな仕事でなおかつ得意な仕事を選ぶことと言える。

仕事のオリジナル名言「労働を軽んじる社会は発展することが無い。」

Photo by tokyoform 当然のことながら、働くことを軽く見る世の中では発展はしないと思う。 戦後日本はあの焼け野原から凄まじい勢いで高度経済成長という発展をした。 今の日本があるのは、昔若かった中高年以上の人々の頑張りによると言えるだろう。 そう考えるとこの名言の妥当性はあると言えるのではないだろうか?

仕事のオリジナル名言 「貴方が毎日嫌気を起こしている同じ仕事、同じ業務、同じ作業内容こそが…」

Photo by tokyoform   「今日もまた仕事か…。」とよく見聞きしたり、 自ら口にすることもあるのではないでだろうか? しかし、どんなに小さな仕事内容だとしても、 その貴方が行っている仕事は、人々が暮らしを営む現代社会を維持する上で欠かせないものとなっている。 その毎日同じ仕事であることこそが、社会を安定的に保つのにはとても重要なことであると言えるだろう。

仕事のオリジナル名言「社会というものは、唯一、労働によって保たれている。労働こそ真に尊いものだ。」

Photo by tokyoform   言うまでもないことだがこの社会に労働は不可欠だと言える。 様々な人々が働くことによって社会と言うシステムを維持している。 そういった意味において、労働の価値は大変大きなものなっている言える。 意識するしないにかかわらず事実として、 社会を支えている労働は尊いと言えるのではないだろうか?

人工知能によって雇用は失われない説が無責任な理由

Photo by Organisation for Economic Co-operation and Develop   人工知能によって雇用は失われないとの言説が散見されるが、 本当に失われなかった場合はともかく、本当に失われてしまった場合はどうするのだろうか? 失われるという前提なら、ある程度それに対する対策や心の準備が出来るが、 失われないと信じきって全く何もしていなかった人はど […]

人工知能で雇用減少し経済成長が一時的な理由

Photo by kirainet   井上氏の「人工知能と経済の未来‐2030年雇用大崩壊」が話題になっている。プレジデント社にも記事として 『人工知能と経済の未来――2030年雇用大崩壊』井上智洋著 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online が掲載されている。 まず、記事中にもあるように2030年ないしそれ以降にいずれ汎用AIが登場するとして、 2045年ぐら […]